バターコーヒーのダイエット効果は?太る?作り方や代用について紹介

スポンサード リンク


一見するとお洒落な感じのする、バターコーヒー。
実はなんということはなく、ブラックコーヒーにバターを入れた飲み物のことです。
書籍の『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』にて発表されました。

めちゃくちゃな飲み物のように思えますが、健康やダイエットにいいということで注目を浴びているのです。
なぜバターコーヒーがダイエットにいいのでしょうか。
具体的にはどのような作り方なのでしょうか。

今回はバターコーヒーについて紹介します。

スポンサード リンク

バターコーヒーはダイエット効果?それとも太る?

バターコーヒーを注目する方にとって一番気になることは、ダイエットなどの効果があるかどうかでしょう。ダイエットの効果があるのか、それとも太るのかは様々な意見があります。

結論から言うとバターコーヒーはダイエットの効果がありますし、太ることもありえます。
使い方でどちらにもなります。

バターコーヒーになぜダイエット効果があるかというと、食欲が抑えられるからです。

バターコーヒーは一日の始まりに飲むことを推奨されています。
バターを始めとする脂質というのは、非常に満腹感をえられます。

想像できるかとおもいますが、サラダ油なりごま油なり油をグッと飲むと満腹感がそうとう得られるのです。人間は脂っこいものを大量に食べられないものなのです。

なので朝一番にバターコーヒーを摂取することはバター(脂質)をがっつり摂取することになります。結果的に長時間満腹が得られて、ムダなチョコ菓子や高カロリーの昼飯を食べることがなくなります。

こうすれば今までよりカロリー消費が抑えられて、ダイエット効果が得られるのです。

バターコーヒーは確かにカロリーがありますが、私たちはお菓子などを食べてそれ以上にムダなカロリーを摂取していますからね。

ただし「ダイエット効果のバターコーヒーを飲んだから、たくさん食べても大丈夫!」といって、お菓子やお昼ごはんを沢山食べると意味がありません
(バターコーヒーを飲んだ後、そんなに食べられるものではありませんが…)

またバターコーヒーを何杯も飲んで運動をしない生活なら、ダイエット効果は得られず太ることにもなります。

要はダイエット効果があるか太るかは使い方次第であり、その人によるのです。
ダイエットというのは食事と運動で効果があります。

バターコーヒーで食事(カロリー制限)はOKなので、後は運動次第です。
運動と言ってもジムに行く必要はなく、ウォーキングや階段を積極的に使うなどで大丈夫です。
これがわかっていればバターコーヒーでダイエット効果を得られます。

バターコーヒーの作り方とは。普通のバター、無塩バターでもダメです

ではバターコーヒーを作ってみましょう。
書籍の『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』によると用意するものがあります。

まずは材料として有機コーヒーとグラスフェッドバター、ココナッツオイルです。
そして調理器具としてコーヒーメーカー、ミキサーです。

有機コーヒーはオーガニックのコーヒーであり、無農薬で有機栽培にて作られたコーヒー豆のことです。
コーヒーはコーヒー豆で作られるわけであり、コーヒー豆に農薬がべっとりついているのはよくありませんからね。(残留農薬の問題があります。)
有機コーヒーはスーパーにはあまり並びませんが、ネットで探せば色々とありますので用意してみましょう。

⇒【楽天】で有機コーヒーを見てみる

つぎにグラスフェッドバターです。
これは牧草を食べて育った牛の乳から作られるバターのことです。

今の牛はコストを削減するために、安物の飼料で育てられるのがほとんどです。
そうすると栄養が豊富とはならず乳も栄養がかたよってしまいます。
具体的には脂質のオメガ3とオメガ6のバランスが悪いのです。

それを避けるためにも、牧草のみでのびのびと育った牛が良いのです。普通のバターではダメです。単なる無塩バターでも駄目です。

ただしグラスフェッドバターは日本ではなかなか入手することができません。
ネットで一部販売しているので、それを使うようにしましょう。

⇒【楽天】でグラスフェッドバターをみてみる

⇒【Amazon】でグラスフェッドバターをみてみる

あとはココナッツオイルですね。これも有機ココナッツオイルです。


バターコーヒーの作り方を動画で

さて、有機コーヒーとグラスフェッドバター、ココナッツオイルが手に入ったらあとはつくるだけです。
作り方はバターコーヒーを提案したご本人が動画で解説しています。

簡単に言うと…

  1. コーヒー豆の栄養を余すこと無く抽出できる方法を。フレンチプレスがベスト。ドリップでもOK。
  2. 1杯のコーヒーができたらミキサーにいれる。
  3. コーヒー1杯分にたいして、ミキサーに大さじ1~2杯のグラスフェッドバターを入れる。
  4. さらにコーヒー1杯分にたいして大さじ1~2杯の有機ココナッツオイルをいれる。
    30秒ほどミキサーで混ぜたら完成。

こんな感じですね。

バターコーヒーの代用は?

さて、作り方をみてちょっと面倒に感じたかもしれません。
もうちょっと簡単に作れたり、代用品、代用メニューがあるといいですね。
なので簡単なバターコーヒーを紹介します。

まず上記のショップさんでドリップタイプの有機コーヒーを用意します。
インスタントタイプのコーヒーなので簡単に作れます。
そしてコーヒーができたら、バターは入れずココナッツオイルだけを大さじ1~2杯だけ入れます。ミキサーは使いません。

これで完成です。
もはやバターコーヒーではなくココナッツオイルコーヒーですが、実はこっちのほうがダイエットや健康効果を実感している方が多いです。

バターはいくらこだわっているとしても動物性脂肪であり、摂取すると中性脂肪やコレステロール値がぐんと上がります。

正規のバターコーヒーはダイエットできるかもしれませんが、健康診断で引っかかるのです。
なのでいっそのことバターを入れないという方法もありです。
実際にバターなしの、こっちのココナッツオイルのほうが良い!という方もたくさんいらっしゃいます。

ココナッツオイル(オメガ3)の代用品は、えごま油、亜麻仁油などがあります。
ただしコーヒーとの味の相性は保証できません。

まとめ

ということでまとめますと

  • バターコーヒーの効果はダイエット効果があり。ただし正しく理解しないと太ることも
  • バターコーヒーの作り方は有機コーヒー、グラスフェッドバター、ココナッツオイル
  • バターなしのココナッツコーヒーもオススメ。えごま油、亜麻仁油でもできるが味は保証できません

参考になればと思います。