女性の腰痛の主な原因や対策を紹介、内臓や背骨が原因の可能性があります

スポンサード リンク


女性を悩ませる症状の一つは腰痛ですね。

男性とは違い、女性はデリケートな体質で筋肉量も違うので腰痛になりやすいといえます。
また脂肪が付きやすいため、内蔵や内臓脂肪の圧迫による腰痛も起きやすいです。
もし腰痛だったら原因を突き止めて対策をすれば、痛みを軽減できるのでぜひ対策していきましょう。

今回は女性の腰痛の原因について紹介します。

スポンサード リンク

女性の腰痛の主な原因を紹介

女性の腰痛の原因は様々考えられます。いくつか候補を上げていきます。

腰椎(ようつい)の変性

まず最も一般的なのが、腰椎(ようつい)の変性です。いわゆる背骨、腰骨の変化です

男性にも共通することですが、腰周辺の骨が変化したために腰痛となります。
背骨と背骨の間にクッションの役目を持つものがあるのですが、それが圧迫されたり潰れたりして神経に触れてしまうので痛みを生じます。より悪化すると腰椎ヘルニアとよばれるものになります。

人間の体は20歳をすぎると(18歳という意見もありますが)老化していきます。
背骨も例外ではなく、年々老化してしまうのです。

子宮の変化

次に女性の腰痛の原因で考えられるのは、子宮の変化です。
子宮筋腫や子宮内膜症といった子宮の異常は子宮のみならず腰痛をも引き起こします。
もし腰痛だけではなく、下腹部あたりも痛みを感じるなら子宮の病気かもしれません。

月経時にも痛みを引き起こすことがあります。これは病気ではなく自然な現象です。

膀胱炎

そして膀胱炎のときにも腰痛を引き起こすことがあります。
膀胱炎(ぼうこうえん)は文字通り、尿をためておく膀胱がウイルスが入り込んだりして炎症することです。
女性は男性と比べて尿道が短かく外からのウイルスや細菌が入り込みやすいため、女性をなやませる病気となります。

このように女性の腰痛の原因として、腰椎の変化、子宮の変化、月経、膀胱炎といったものが考えられます。

詳しく調べるためには接骨院で見てみると良いでしょう。背骨に異常が見つからなければ、子宮や膀胱といった内蔵が影響していると思います。そして原因が判明したら、お医者さんにどうすればいいかきいてみましょう。

女性の腰痛の対策方法とは

つらい腰痛ですが、対策方法はいくつかあります。

冷え対策をする

まずは冷え対策です。

寒さは腰痛をより痛いものにします。なので体を温かくする工夫をしましょう。
例えば食べ物や飲み物はホットなものを選ぶ。腹巻きを着用する。厚着をしたり厚手のタイツを着用する、といったことです。

痛いからといって間違っても冷湿布を貼らないようにしましょう。

運動をする

そして運動も大事ですね。

腰回りの筋肉を鍛えると痛みが軽減できることが多々あります。腰の筋肉は腰骨をサポートして腰痛をガードしてくれる役割があります。

つまり筋肉を鍛えることは痛みへの防御力がアップするようなものだからです。
男性と比べて筋肉量も多くありませんので、意識して運動をしていきましょう。
腹筋と背筋をつかう筋トレを取り入れましょう。体育の時間でやったことがあると思います。

このように、冷え対策と運動を組み合わせて痛みを軽減することが可能ですよ。

まとめ

はい、ということでまとめると

  • 女性の腰痛の原因は腰椎の変化、子宮の変化、月経、膀胱炎など
  • 女性の腰痛は冷え対策と腹筋と背筋運動で軽減できる。

という具合です。痛みが激しい場合は病院へ行き原因を特定してみましょう。
参考になればと思います。