常務と専務の違い、どっちがランクが上?偉いかを紹介

スポンサード リンク




テレビドラマや小説を読んでいると、専務や常務という肩書きの人物が現れます。
会社の規模が大きいとそのような肩書きの方もいらっしゃいます。

ところでこの常務と専務という立場ですが、どちらが上なのでしょうか。
また比べることは難しいですが、どちらが偉いと言えるのでしょうか。
わかりにくいテーマですが、豆知識として覚えておくといいでしょう。

今回は常務や専務のランクについて紹介します。

スポンサード リンク




専務と常務の違いって?

いわゆる序列ですが常務と専務は明確な違いはありません。
それぞれどういう役割をして、どういう仕事をするかは会社の定款(ていかん)に書かれていると思います。
なので知りたい会社をまず決めて、その会社の定款をみることが常務と専務の違いを知ることになります。

今回はありがちな一例を紹介します。なんとなくこんな感じです。

専務は社長を補佐する役割です。社長が不在の時は専務が社長を代行することがあります。
社長を必要としない細々としたことへの決定権をもち、ある意味、社長よりも社長っぽい仕事ぶりをします。基本的に会社に1人おり、役員のなかでもトップの位置です。

常務も社長を補佐する役割です。社長や専務とともに会社企業の成長方向を決める役割があります。会社に複数存在することがある役員です。

具体的な仕事内容の違いは、その会社の定款次第です。

常務や専務のランクは?どっちが上で偉い?

専務も常務も会社役員であり、重要な立場にあります。
偉さのランクも会社によりますが、専務のほうが偉いという認識が多いでしょう。

専務は何人もいるわけではありませんし、社長の補佐として様々な決定を行います。
ですので何人もいる常務とはちがうため、ランクや偉さ的には上だと認識が多いかと思います。

漫画の『課長島耕作』シリーズでも
課長⇒部長⇒取締役⇒常務⇒専務⇒…というように昇進ストーリーとして描かれていますので、専務が上に来るかと思います。

もちろんあくまで一例であることは付け加えておきます。

会長と社長と専務と常務って?

ついでに会長や社長についても触れておきます。

社長は会社の責任を負い、現在の会社の実質的なトップと言えます。
会長は会社次第です。最高責任者(COE)の場合もありますし、ただの名誉職としているだけという場合もあります。社長として過ごした方が会長になることがほとんどです。

社長も会長も専務や常務の上の立場といえます。

まとめ

はい、ということでまとめますと

  • 常務と専務の違いは会社次第。どちらも社長を補佐する仕事で専務は1人、常務は複数いる場合がある。
  • どちらが偉いかは専務のほうが上。しかし、会社次第で異なる。

という感じですね。参考になればと思います。