バイノーラルビートの危険性について、危険な使い方と正しい使い方

スポンサード リンク


バイノーラルビートは、今やアプリや動画サイトなどで聞くことができる特殊音源ですよね。

イヤホンやヘッドホンを装着して、それぞれ二つの異なる周波数を流すことで、その周波数の差が頭の中で作用するというものです。

いわゆる脳波と呼ばれるシータ波やアルファ波を人工的に作り出すというわけですね。

そんなバイノーラルビートですが脳波をコントロールするということで、危険性が気になる方もいらっしゃると思います。果たしてバイノーラルビートは危険性のあるものなのでしょうか。

今回はそんな【バイノーラルビートの危険性】についてご紹介します。

スポンサード リンク

バイノーラルビート自体に危険性があるわけではない

まず、バイノーラルビート自体に危険性があるわけではありません。

バイノーラルビートを聴き続けることによって脳に障害が出るだとか、脳に異常をきたすというようなものではありません。

少なくとも私たちの周りにあるバイノーラルビートはそのようなものはありません。

もし出回っているならば数多くの被害報告が出ているはずですからね。

バイノーラルビートというのは周波数の違う音波を聞いて、脳内に音声を作り出すようなものです。バイノーラルビートというのは私達の声や、音楽のようなものです。

声や音楽で気分が良くなったり、気分が悪くなることもあるかもしれませんが、基本的に『危険なもの』『危険性が高い』とまではいえないです。

ですので、安心してくださいね。

ポイントバイノーラルビートはそれ自体に危険性があるわけではない

バイノーラルビートで危険性が生まれるケース

ですが、バイノーラルビートを聞くことによる危険性がまったくないわけではありません。

例えば、眠くなるようなバイノーラルビートもあるのですが、それをドライブ中に聞くと、居眠り運転のリスクが高まります。

ですのでバイノーラルビートを聴くことで交通事故が起きるということもないわけではありません。そういう意味ではバイノーラルビートの危険性はこのような形で存在すると言えますね。

ただしこの場合、運転中に意図的にバイノーラルビートを聞く必要があります。
そのような危険な行為をしない限りは、危険性が現れることはありません。

これは避けることが可能ですよね。

しっかりと説明書や使用上の注意をよく読んで、それに従ってバイノーラルビートを活用するぶんには、危険性というのはまずありません。

ですので「バイノーラルビートについて気になってはいるが、危険性もあるような気がして怖い」という方は安心して使ってみてくださいね。

ポイントバイノーラルビートは説明をよく呼んで、危険なケースが想定される時の使用を控える

実際にどんな感じかを、安全なバイノーラルビートで体験してみよう

実際に体験してみると良いでしょう。動画サイトなどを見てみると、バイノーラルビートと呼ばれるものがたくさんあります。

以下に評判がよく、危険性など指摘されていないバイノーラルビートを幾つか紹介します。本当に危険性があるかどうかをご自身で確認してみてください。

クリエイティブ、集中したい時のバイノーラルビート(3時間)

心地よい睡眠に聞くバイノーラルビート(8時間)

瞑想時に役立つ、禅、スパ用バイノーラルビート(3時間)

ちゃんとイヤフォン(できればヘッドホン)で聞きましょう。
スピーカーではだめです。また、気分が悪くなったら使用を控えてください。(大きすぎる音量だと、耳が疲れますからね)

ポイント評判がよく、リラックス効果を得られるものなら安心して聞ける

まとめ

はい、ということでまとめてみますと

  • バイノーラルビート自体に危険性があるわけではなく、被害報告もない
  • ただし、バイノーラルビートを聞くことでリラックス状態になり、眠気を引き起こし、それが運転中だったら危険である
  • なので危険と思われるようなシチュエーションで聞かないことで、危険性を最大限回避できる
  • バイノーラルビート製品を利用する場合は、説明書をよく読み、正しい使い方を学ぶ

こんな感じですね。

危険性について正しく学ぶことが大事です。うまく活用すれば、リラックしたい方、集中したい方、クリエイティブになりたい方、瞑想に取り入れたい方の役に立つはずですからね。