冬に活躍!バイクの防寒手袋、防寒方法について紹介

スポンサード リンク


冬の寒い時期に乗るバイクの風はかなり寒いですよね。
通常の手袋だと風邪をひいても仕方ないと思えるほど、体がひえてしまいます。
ですので、冬のバイクは防寒の手袋が必須といえます。

冬は小雨などが降っていたりすると手袋に冷たい雨が染み込んできて、より一層寒くなってしまいますよね。冬の寒い時期だからこそしっかり防寒をして、暖かくしてバイクに乗りたいものです。

冬や防寒に使えるような手袋を用意してバイクを快適に乗りこなしてみてくださいね。

今回は【冬のバイクに乗る時におすすめな防寒手袋】について紹介します。

スポンサード リンク

冬のバイクに乗る時におすすめな防寒手袋

早速ですが冬期間のバイクの運転に使える手袋をご紹介します。ぜひ防寒をして風邪などひかないようにしてくださいね。レビューで評価が高く、多くの方が満足しているような手袋を厳選して紹介しますので参考にしてみてください。

また手袋以外のおすすめ防寒グッズも後々紹介します。

KOMINEのレイングローブ

⇒【楽天】でKOMINEのレイングローブを見てみる

お手頃な価格帯でしっかりとした品質のグローブであればコミネのレイングローブはなかなか使えますよ。雨などを完全に防ぐわけでありませんが、防寒性がなかなかしっかりしています。

多少の小雨であれば十分に防いでくれたりしますので、寒い冬の手袋として使えるでしょう。

NAPAの鹿革グローブ


NAPAの鹿革グローブも人気が高いですね。
薄手にもかかわらず防寒性に優れており、バイクの操作性が損なわれないようになっているのがNAPAの鹿革グローブです。気温が二桁までなら十分に防寒してくれる手袋ですよ。

⇒【楽天】でNAPAの鹿革グローブを見てみる

スキー用手袋

意外と使えるのはスキー用の手袋です。バイク用の手袋ではないので大丈夫なのかと思うかもしれませんが、盲点なのです。

それなりに厚手であり風を防いでくれるので結構おすすめですよ。バイク用の防寒手袋より操作性は劣ってしまいますが、気にしなければかなり使えます。スポーツ用品店などに行って、スキー用の手袋を見てみると良いですよ。

中でも、GOREーTEX素材の手袋がおすすめですね。温かくで人気が高いです。

⇒【楽天】でGORETEXの手袋を見てみる

ゴアテックス以外であればシンサレートの手袋も人気があります。

⇒【楽天】でシンサレートの手袋を見てみる

冬のバイクの手袋は防寒手袋はこんな感じですね。
次には手袋以外の防寒グッズもご紹介します。むしろこちらの方が大事になることも多いので参考にしてみてください。

手袋以外の、冬のバイク防寒グッズ

ハンドルカバー

ちなみにですが冬のような寒い時期は手袋よりもむしろ効果的な防寒アイテムがあります。それはハンドルカバーです。

実を言いますと手袋だけでは、やはり100%寒風を防ぐことはできません。バイクに乗っていると、次第に全身が冷たくなって、手先の血管がかじかんでいくように、キンキンに冷えてしまいますからね。

そんなときにハンドルカバーがあると、防寒性がかなりUPします。冬のバイク乗りの方もハンドルカバーの効果を実感していますからね。

ですので手袋はもちろんなのですが、ハンドルカバーもぜひ用意してみてください。

⇒【楽天】でバイク用ハンドルカバーを見てみる

あまり格好良くないかもしれませんが、効果は絶大からね。(ハンドルカバーを着用する際には、素手ではなく夏用でもいいのでグローブなどを着用してください。そうしないとすべって転倒する危険性があります)

グリップヒーター

それとハンドルカバーとあわせて利用したいがの、グリップヒーターです。
グリップヒーターがあれば手のひら(内側)が温かくなって、手の冷たさがかなり軽減できます。

⇒【楽天】でグリップヒーターを見てみる

もし手の外側も温めておきたい場合は、カイロなどを使うと言いでしょうね。

カイロを使う場合は低温やけどに注意してくださいね。

まとめ

ということで、以上をまとめますと次のとおりです。

  • バイクの防寒手袋でおすすめなのはKOMINEのレイングローブ、NAPAの鹿革グローブ
  • スキー用の手袋もおすすめ。GORE-TEX素材やシンサレートもの
  • 冬の防寒は手袋以外にもハンドルカバー・グリップヒーターもおすすめ(二つの組み合わせが最強

このような感じですね。冬の防寒手袋で手元をしっかり温かくして、バイクを乗りこなしてみてください。