きび砂糖の代用を紹介、家庭によくあるアレで代用しよう

スポンサード リンク


レシピを見ながら料理をしていると、台所にない調味料に出くわすことがあると思います。

例えばきび砂糖という調味料なんかはなかなか家を探してもなかったりします。
そんな時にきび砂糖の代用にできるものは、どういうものがあるのかと気になるかもしれませんね。

果たして普通のお砂糖(上白糖)で代用することはできるのでしょうか

今回は【きび砂糖の代用】についてご紹介します

スポンサード リンク

きび砂糖の代用を紹介

上白糖

きび砂糖の代表の第一候補として上白糖があります。
いわゆる普通のお砂糖です。

実を言いますときび砂糖は上白糖で代用できるものです。ですので、きび砂糖がない場合は普通の白いお砂糖を使って問題ありません。

分量も同じ分量で大丈夫です。

例えば『きび砂糖大さじ2杯』であれば『上白糖大さじ2杯』を入れて大丈夫ですよ。

ただし、上白糖は甘みが強いので、もしかしたら量を減らしたほうがいいかもしれません。
味見ができるならば、味見をしながら調整してみてください。

ポイントきび砂糖の代用の第一候補は上白糖(普通のお砂糖)

黒糖

黒糖もきび砂糖の代用として使えるでしょう。
ただし、すべての料理には使いづらいと思います。

黒糖は少し酸味のあるお砂糖ですので、味や風味がきび砂糖使用時とくらべて、少し変わってくるためです。

煮物や、料理にかけるような濃い味の汁物(カレー、ソースなど)といったコクのある料理に使ってください。

もし、お菓子作りとしてつかうのであれば、黒糖ではなく上白糖を使うのが無難でしょう。

ポイント黒糖もきび砂糖の代用のとしてアリ。ただし、濃い味の料理にとどめておいたほうが無難

三温糖

きび砂糖の代用として、三温糖を使っても大丈夫です。

大丈夫ですが、この三温糖は甘みがかなり強いため、三温糖をレシピの分量通りに使うと味が変わると思います。

ですので三温糖の分量は少なめにした方がいいですよ。

どのくらい変えるかはご自身で味見しながらですが、半量もあれば十分ではないでしょうか。『きび砂糖大さじ2杯』であれば『三温糖大さじ1杯』から味見をして調整していってください。

ポイントきび砂糖の代用として三温糖を使う場合は、分量を減らしたほうが吉

きび砂糖と三温糖の関係はこちら(三温糖ときび砂糖の違い)

きび砂糖とてんさい糖を紹介、同じようで明らかに違う特徴とは
今の時代、砂糖の種類はたくさんありますよね。白砂糖と呼ばれる上白糖はもちろん、様々なバリエーションがあります。 その中できび砂糖という...

はちみつ

きび砂糖の代用として、はちみつを使ってもいいでしょう。

上白糖や三温糖と比べて、はちみつは甘さが控えめですので、きび砂糖の代用として使えます。

きび砂糖の分量通りに、はちみつを代用しても大丈夫だと思いますよ。

ポイントはちみつはきび砂糖の代用として優秀

てんさい糖

最後に、きび砂糖の代用として、てんさい糖を使ってもOKです。

てんさい糖はきび砂糖に比べて、甘さが控えめなお砂糖です。ですので、分量通りのてんさい糖を使うと、甘みが感じられないかもしれませんね。

もし味が物足りないと思ったら、てんさい糖を多めに入れると良いでしょう。『きび砂糖大さじ2杯』なら『てんさい糖大さじ2杯半分』くらいという具合です。

また、上白糖を混ぜて使っても良いかもしれませんね。

ただし、お砂糖のとりすぎは体によくありませんので、使いすぎには注意してください。

ポイントてんさい糖は甘さ控えめなので、少し多めに入れたほうが良い

きび砂糖とてんさい糖の関係はこちら。

きび砂糖とてんさい糖を紹介、同じようで明らかに違う特徴とは
今の時代、砂糖の種類はたくさんありますよね。白砂糖と呼ばれる上白糖はもちろん、様々なバリエーションがあります。 その中できび砂糖という...

きび砂糖の代用の際の注意点

ちなみに注意点があります。それは、きび砂糖のカラメル色が料理に反映されないことがある、ということです。

きび砂糖というのは普通の白いお砂糖と比べて、茶色がかった色のお砂糖です。本来はこの少し茶色っぽい色が料理の仕上がり反映されるものです。

従ってきび砂糖以外の砂糖を使うと、レシピの写真のような茶色っぽさが出ないことは覚えておいてくださいね。
(お菓子などの、色合いが大事なものは特に注意してください)

また、きび砂糖はミネラルを豊富に含むお砂糖なのですが、そのミネラル郡、ひいては栄養素も異なってくるというのは覚えておきましょう。

ポイントあくまで代用なので、狙い通りの味にならない可能は考慮しておく

まとめ

はい、ということでまとめますと

  • きび砂糖の代用は上白糖が第一候補(ただし甘いので、分量は調節しつつ)
  • 黒糖は酸味や風味が大きく異なるため、濃い味の料理なら代用可能
  • 三温糖は甘みが強いので、分量を半分におさえてから調節
  • はちみつも代用可能
  • てんさい糖は甘みが控えめなので、分量を多めに入れたほうがいいかも

という感じですね。代用に困ったらお試ししてみてください。