口の中を噛むと口内炎が!治療や予防について紹介

スポンサード リンク


口の中にいつのまにかできている口内炎。

口内炎と言うとビタミン不足や栄養不足といったイメージがあるかもしれません。
ですが実は、口内炎の発生というのは栄養やビタミンが不足するだけではないのです。

もう一つ、口内炎の発生の大きな原因となるものが存在します。

実は口の中を噛んでしまうことでも口内炎はできるのですよ。
ご飯を食べている時に口の中をガリリと噛むことがあると思いますが、それが原因で口内炎になることもあります。

ですので、もし心当たりがある場合は気をつけてくださいね。

今回は【口の中を噛むことによる口内炎】についてご紹介します。

スポンサード リンク

口の中を噛むと口内炎ができる?

口内炎の原因はストレス・ビタミン不足・胃腸が荒れた時にできたりします。
そして口を噛むことによっても口内炎ができてしまうのです。

私たちの体は外部からの傷がつくと炎症を起こしてしまいますよね。切り傷や擦り傷であれば赤く腫れてしまいます。これが炎症です。
口の中も同様であり、強く噛むことで腫れて炎症してしまうのです。

体の皮膚と異なるのはそれが白くなって口内炎になるということです。

ということでまず口の中を噛むことによって、痛いだけではなく、その後に口内炎ができてしまうというのを覚えておきましょう。

口の中を噛んだ口内炎を治すには?

さて口内炎の治療ですが基本的には自然治癒で大丈夫です。すなわち口内炎ができた部分に刺激を与えないように放置をしていけば、自然に治るものです。

何日かは痛いかもしれませんが気にせずに過ごしておけば治りますよ。
お薬などを使って治したいということであれば、次のようなアイテムがいいですよ。

口内炎パッチ大正A10パッチ


⇒【楽天】で口内炎パッチ大正Aを見てみる

口内炎に刺激を与えないために、口内炎部分を守るアイテムです。
シールのように口内炎部分にペタリと貼ることで、外部からの刺激をカバーします。
なおかつ口内炎を治すための薬用成分も配合していますので、傷の治りがちゃんと早くなるんですよ。

チョコラBB


⇒【Amazon】でチョコラBB スプレーを見てみる

またシールタイプではなくスプレータイプの口内炎アイテムもあります。
シュッとスプレーすることで、口の中の粘膜を修復してくれる成分が効いてくれます。
また口内炎が悪化しないように殺菌成分も含まれているんですよ。

このようなアイテムもありますので、気になる方は使ってみると良いでしょう。

口の中を噛まないようにして、口内炎予防

さて今後は口の中を噛まないような対策もすると良いでしょう。口の中を噛むことによって口内炎ができるのであれば、可能な限り口の中を噛まないようにすれば、口内炎ができないわけですからね。

そのためにいくつかご紹介します。

食事の時はゆっくり噛むように心がける

まず食事の際はゆっくりとよく噛むようにしてください。
美味しいものを食べるとついついもぐもぐとすぐに食べたくなるかもしれません。

ですが急いで食べることによって、口の中を噛むということがよくあることなのです。
ですから食事の際はゆっくりとよく噛むようにしてください。

そうすることで食べ過ぎの防止にもなりますので、おすすめですよ。
特にこれ以上太りたくないという方は食べ方を見直すことで口内炎防止とメタボ予防などにもなりますからね。

ながらをやめて、食べることに集中

それともう一つ、食事の際は食べることに集中をしましょう。
もしかしたら本やネットを見ながら、ご飯を食べることがあるかもしれません。

ですが、そうすると意識がそちらに向いてしまい、口の中の意識がおろそかになってしまいます。

その結果、がぶっと噛んでしまうことがありますからね。
他のことをしながらではなく、食べることに集中しましょう。

この2点を気をつけて食生活を見直すことで、かなり対策になりますからね。
ぜひ実行してみてください。

まとめ

はい、以上をまとめてみますと

  • 口の中を噛んでしまうことでも口内炎はできる
  • 治療は自然治癒でOK。
  • 口内炎治療グッズを使うのもおすすめ
  • 今後はゆっくりたべる。
  • ながらをやめて、食べることに集中する、ことで予防

このようにして、口の中を噛まないようにして、口内炎とおさらばしてくださいね。