もやしの食べ過ぎってどうなるの? ある意味怖いもやしの食べ過ぎ

心地よい歯ごたえが特徴のもやし。安くて食べ応えもあるのでついつい食べ過ぎてしまうかもしれませんね。

もやしははカロリーの高いものではありませんので、食べ過ぎたからといって太ったりするわけでありません。むしろ低カロリーなのでダイエットを目指す方には嬉しい食品なんですよね。

しかしながら、もやしを食べ過ぎてしまうと、それはそれで気をつけないといけないことがあります。太らないからどんどん食べても大丈夫というわけではないんですね。

今回はそんな【もやしの食べ過ぎ】についてご紹介します。

もやしの食べ過ぎは害ではない

基本的にもやしの食べ過ぎで何か体が重大な病気になるということはありません。もちろん食べ過ぎという行為自体良くないのですが、もやしを食べ過ぎたからといって入院したり、生死に関わるということはありません。害というほどの害はないわけですね。

ただしもやしは大豆アレルギーをお持ちの方であれば、食べ過ぎてアレルギー反応が出ることはあるかもしれません。もやしは豆を成長させた野菜ですからね。

ということで、基本的にはもやしを食べ過ぎたところで、大きな害はありませんよ。

もやしの食べ過ぎで腹痛・下痢っぽくなることあり

ただし、もやしを食べ過ぎてしまうと消化しきれず、排泄されることがあるようです。

もやしには食物繊維が含まれており、食べることでたくさんの食物繊維がお腹を掃除してくれる働きがあります。このお腹の掃除が人によっては腹痛と感じるかもしれません。

少し下痢のような感じになる場合もあります。しかしながら、便秘の改善にはなりますので、悪いことではないんですよ。あくまで適量の話であり、食べ過ぎは体にとって良くありませんので注意しましょう。

もやしの食べ過ぎって、どれくらいが食べ過ぎ?

ちなみにもやしはどのくらいの量を食べれば食べ過ぎになるか、と気になるかもしれませんね。

基本的に一袋や二袋を食べても食べ過ぎと言うわけではありません。特にもやしをメインに使った料理であれば、たくさんもぐもぐ食べることがあります。そうすると一袋などあっという間になくなってしまいますからね。

基本的に食べ過ぎのボーダーラインは、自分のお腹がパンパンになってしまうほどもやしを食べてしまった、というのが食べ過ぎと言えるでしょう。

ですので一袋でもお腹パンパンという方もいらっしゃるかもしれませんし、二袋でもまだまだいけるという方もいらっしゃるかもしれませんね。それは個人の体のコンディションをよく見て判断してください。

いずれにせよ食べ過ぎてお腹が痛いと感じてしまうほど食べるのは良くありませんからね。

もやしの食べ過ぎで最も注意すべきは栄養不足

もやしの食べ過ぎで問題なのは栄養が偏るということです。もやし自体は栄養が大量に含まれている食品というわけでありません。どちらかと言うと低カロリーで栄養も少なめの食品なのです。

そのもやしをたくさん食べて満腹感を出してしまうと、他の栄養が取れないほどお腹いっぱいになるはずです。そうすると栄養が不足してしまって、それが問題を引き起こす場合があります。

いわゆるビタミン不足やミネラル不足といったことになるわけですね。ですのでもやしはたくさん食べてもいいのですが、その分ちゃんと栄養バランスを考えたメニューにするということはとても大事なんですよ。

ちなみに足りないビタミンやミネラルであれば、マルチビタミンのサプリメントなどで補うのがいいでしょう。

私はこんな感じのマルチビタミンを愛用していますので、気になる方はこういったものを利用して、もやしの栄養では補えないビタミンやミネラルを補給してみるといいですよ。

まとめ

はい、ということでもやしの食べ過ぎについてまとめますと次の通りです。

  • 基本的にはもやしの食べ過ぎで害があることはない。ただし何事も食べ過ぎは良くないので、適量にする
  • もやしの食べ過ぎで腹痛、他の栄養が偏ることもある。
  • そんな時はサプリなどで栄養を補う。

このような感じでもやしの食べ過ぎに注意しつつ、美味しく食べてみてくださいね。
安いですし調理次第ではとても美味しいもやしですので、どんどん食べるといいですよ。

もやしの食物繊維について紹介、意外と入っている食物繊維
シャキシャキとした食感が美味しいもやし。安いので毎日の食卓にて大活躍してくれることでしょう。今回はもやしの食物繊維について紹介、意外と入っている食物繊維を紹介します。