口の中のやけどの薬を紹介、そして薬以外にもすべきこととは

スポンサード リンク


熱々のお茶やコーヒーを口に含むと思わずやけどしてしまいますよね。

中華料理の小籠包やホットティーなどをストローで飲むと、そのようなことになったりします。(かつて私もやってしまった経験があります)

実際にやけどになると分かりますが、口の中がヒリヒリキリキリ痛くてたまらないですよね。
なるべく早く治して、元通りの生活に戻りたいものです。

そんなときは、お薬などで早めに治してしまいたくなる気持ちが出てくることでしょう。

今回は【口の中のやけどのお薬】について紹介します。

スポンサード リンク

口の中のやけど!お薬を紹介

まず、対象となる方は「あつい飲み物、食べ物でやけどしちゃったかも」くらいの方です。
『一般的なやけど』とでも言いましょうか。

あまりにダメージの大きすぎる大やけどであり、手術が必要である……、くらいであれば迷わず病院へいきましょうね。

さて、お薬(とお薬ほどではない対策グッズ)であれば次のものがおすすめです。

口内炎軟膏大正A

舌や口の中のやけどの炎症に効くお薬です。
ミントの清涼感が加えられているので、これを舌に塗ることで、スースーとした感覚になります。

ドラッグストアなどに行くとあると思いますので探してみてください。
メーカーは大正製薬さんで、第3類医薬品です。

オーラルファイン

こちらの商品は口の口内炎などの改善に使われるトローチです。

お薬ではありませんが、いわゆるやけどや口内炎のような口の中の炎症を抑えるための商品なんですよ。これを朝ごはんだとかお昼ごはん後に口の中で転がすといいですよ。

この商品のクルクミンという成分が炎症を和らげてくれるのです。オーラルファインをなめることによって、火傷の炎症……ひいては痛みが和らいで行きます。

口の中のやけどの痛みが激しい方、痛みを少しでもおさえたい方は試してみてください。ドラッグストアなどにあると思いますので探してみてください。

もし見つからなければ『クルクミン』という成分を配合した商品を探してみてくださいね

ウコンドリンク

クルクミンはウコン系の商品に含まれています。
ですのでウコンをPRしているような商品を探してみてください。
例えばこういう商品は有名であり、目にしたことがあると思います。

原材料名に『ウコン抽出物』というように記載されていればOKです。

ポイント口の中のやけどに使えるお薬は口内炎軟膏大正A。オーラルファインやウコンドリンクもおすすめ

口の中をやけどしたら、お薬と他にやるべきこと

お薬のほかにもやることがあります。それは水でうがいをすることです。

体のやけどというのは熱を取り除いて患部を冷ますことが大事ですよね。それは口の中のやけどであっても同じことです。水道水の温度を利用して、口のやけど部分を冷やしてあげます。

そうすることで痛みが和らいで、治りが早くなりますよ

また水がない場合は、つばをある程度溜めるのもいいでしょう。

つばは口の中を正常に保つ働きがありますので、それをフル活用します。フル活用とはいいましてもだいそれたことではなくて、口の中のやけどの温度を下げる働きだけですけどね。

後は私たちのからだの自然治癒能力にお任せしましょう。数日経過すればほぼ完治していますからね。

ポイントやけどは数日で治るので、それまで辛抱する

まとめ

はい、ということでまとめてみますと

  • 口の中のやけどの薬は、口内炎軟膏大正A、オーラルファイン、ウコンドリンク。
  • 水で口の中をうがいすることで、熱を冷ます
  • あとは完治するのを待つ。数日あればほぼ完治する

口の中のやけどは大変ではありますが、お薬を使ったり使わずとも治りますからね。そして今後は同じ失敗をしないように気をつけましょう。

よく冷ましてから口にふくむことが大事ですね。(すぐ飲めるようにお水を用意することも大事です)