大学の謝恩会でのプレゼントを紹介、みんなのプレゼント一例

大学の謝恩会に出席すると、プレゼントを渡したくなるかもしれませんね。

卒業してしまうとおそらくもう二度と会うことはなくなってしまいますので、何か記念になるようなプレゼントを渡すといいでしょうね。

お世話になった研究室やゼミの教授の先生にプレゼントを贈呈するというのは定番です。
しかし、その時のプレゼントの中身ですが、いったいどのようなものを渡せばいいのでしょうか。

今回は【大学の謝恩会でのプレゼント】についてご紹介します。

プレゼントの基本的な考え方から、他の方は実際にどのようなものを贈ったかなどを紹介してみますので、参考になればと思います。

大学の謝恩会で渡すプレゼントの考え方

プレゼントですが、基本的にどのようなものを渡しても間違いはないので、好きに選んで大丈夫です。

最もベストなのはその先生の好みに合わせたプレゼントを贈るというのが一番ですね。

例えばその教授が登山が好きであれば登山グッズをプレゼントすると喜ばれます。

また私の大学には、F1が好きな先生もいたのですが、そういった先生にはF1関係のグッズをあげたりしていました。(フェラーリのタオルマフラー)

こんな感じで『その教授(先生)の好むもの』を調べておいて、それ関係を渡すのがいいですよ。

では実際に、他の大学の方はどのようなプレゼントを渡しているのかご紹介してみます。あなたのプレゼントの参考にしてみてください。

大学の謝恩会でのプレゼント一例

スーツに合うようなアイテム


もしその先生がスーツをよく着用する先生であれば、スーツに似合うアイテムをプレゼントするといいと思います。

ネクタイやハンカチなどもいいですし、帽子などもいると思います。

小物アイテムならば、数千円もあれば上質なアイテムが買えますので、先生もきっと喜んでくれることでしょう。

文箱

文学部の先生であれば工芸品のようなの文箱をプレゼントするというのもいいと思います。

いわゆる収納ケースのようなものなのですが日本の工芸品のような装飾のされた箱は、大学の古風なアカデミックな雰囲気にぴったりと言えますね。

実際にプレゼントしてみた方の後日談として、「何年も愛用してくれていた」というご意見があります。

色紙

何か高級なものではなくてもメッセージを送るのもいいですよ。

学生全員のメッセージじゃなくとも大丈夫です。
何人という人数でもOKであり、色紙メッセージをもらった先生も感慨深いものがあると思います。

色々と感謝のメッセージお持ちのかたはサイン色紙メッセージを候補にしておくといいと思います。

万年筆


万年筆というのも喜ばれるプレゼントのひとつです。

今はパソコンが主流ですので、あまり文章を書く機会がないかもしれませんが、それでも文房具というのはあって困るものではありません。

特に万年筆は大人の文房具というイメージがあり、大学の先生が使っているととてもしっくりくると思います。

ですので名前入りの万年筆などを送るのもアイデアのひとつですね。もちろん、万年筆ではなくとも高級ボールペンでも十分素敵です。

今治タオル


⇒【今治タオル】をみてみる

謝恩会ではタオルをプレゼントとして渡す方もいらっしゃいます。

タオルの中でも、今治タオルは人気のタオルのひとつですよ。
メディアでも数多く特集されるような高級タオルであり、プレゼントとしても人気なのです。

その手触りは抜群であり、今治タオルを一度使ってしまうと他のタオルを使えないなんて言われたりもしますからね、

まとめ

はい、ということでまとめますと

  • 大学の謝恩会でのプレゼントは、先生の趣味なもの、喜びそうなものを調べて渡すとベスト
  • 他の方は、登山用のソックス、フェラーリのタオル、スーツに合う小物、文箱、みんなのメッセージ色紙など

このような感じですね。ぜひ謝恩会でお世話になった先生へ、感謝の気持ちを伝えてみてくださいね。