男性の恩師へのプレゼントはコレで!卒業生と在校生の場合に分けて紹介

無事学校も卒業し男性の恩師との時間も残り少ないとなった時に恩師へのプレゼントをお考えになるかもしれませんね。

基本的にプレゼントはもらって嫌がる人はほとんどいませんので是非ともお世話になった恩師の方へプレゼントをしてみてください。

特に在学中の場合、クラスメイトみんなで(お金などを)協力して選んだプレゼントは感動ものですからね。

この時プレゼントの中身ですが何を渡せばいいのか、あまりよく分からないと思います。相手が男性の場合は一体どういったものを送れば喜ばれるのでしょうか。

今回は【男性の恩師の方へのプレゼント】についてご紹介します。

男性の恩師へのプレゼントは、相手のことを考えて選ぼう

まず、恩師のかたへのプレゼントは、相手のことを考えて選ぶということが大事になります。

例えば恩師の方が20代・30代であれば甘い食品(クッキーなど)をプレゼントするのは大丈夫でしょう。しかし、50代・60代であれば甘いものは口に合わなくなるという方もいらっしゃいます。

ですので一概に「こういうプレゼントをすれば良い」と言い切ることは出来ません。その恩師の方の好みなどを考えて、どうすればいいか選んでみてくださいね。

それを踏まえた上で、次にプレゼントの候補を紹介します。在校生の場合と卒業生の場合の2パターンに分けて紹介します。

男性恩師へプレゼント-在校生の場合

現在学校に在籍していて、恩師にプレゼントを渡したいという方はどうすればいいのでしょうか。

これは定番ではありますが、最もおすすめなのはメッセージ色紙ですね。

また物で言えばネクタイやハンカチといったものがおすすめです。

色紙(しきし)

定番、かつ最も喜ばれると思うのがみんなの寄せ書き色紙です。

卒業してしまうとクラス全員が集まることは非常に難しくなりますのでこういう時じゃないと色紙のプレゼントは難しいのですですので恩師へのプレゼントをお考えの方はまずメッセージ色紙を考えてみるといいですよ

ネクタイ、ハンカチ



次に選ばれるのは、ネクタイ・ハンカチといった男性のスーツに似合うような小物が選ばれています。

ネクタイで喜ばれるのかと考えるかもしれませんが、7,000円前後のネクタイなどであればまず手が出ませんので、これならばスペシャルなプレゼントとなります。

クラスのみんなから少しずつお金を集めれば購入できるでしょうからね。

男性恩師へプレゼント-卒業生の場合

既に学校を卒業し何年かぶりに恩師と再会する、といった方はどうすればいいのでしょうか。

これも在校生の場合と同様であり気持ちがこもっていれば割とどんなものでも大丈夫だと思います。また恩師の年齢を考えて「どのようなものがお似合いか」というものも考慮してみましょう。

たとえば恩師が50代であれば甘いお菓子よりも、ワインが好みでしょうしね。

高級な文房具(高級ボールペン、シャープペン、万年筆など)


男性の恩師へのプレゼントとしてよく選ばれているのは文房具などですね。
1万円前後のボールペンやシャープペン、または万年筆といったものをプレゼントするといいと思います。

これらの文房具系は長く使えますので、記念性だけでなく実用性も兼ねていますからね

お茶、紅茶の詰め合わせ

お歳暮やお中元などでもおなじみですが日本茶屋紅茶といった飲み物の詰め合わせもいいでしょう。

特に玉露などちょっと高級で普段は手が出ないような茶葉をプレゼントすると特別感がでますからね。

ワイン


大人のたしなみということで、ワインというのもプレゼントとしてありです。

赤ワインや白ワインなどいろいろありますので探してみましょう。

ただしワインはアルコールですので、恩師が喜ぶかどうか(ワイン好きなのか)は事前に調べておく必要がありますよ。

メッセージ、寄せ書き、アルバム

メッセージであれば最も心がこもったプレゼントであると感じてくれるでしょう恩師への思いやエピソードなどを書いて贈ってみるといいですよ。

他にも当時の写真を集めてアルバムを作ったりするのもおすすめですね。

まとめ

はい、ということで男性の恩師へのプレゼントをまとめてみますと……

  • 在校生であればみんなのメッセージ色紙、ネクタイやハンカチ
  • 卒業生であれば、文房具・お茶セット・ワイン・手紙メッセージ

というものですね。正解というのもはありませんが、定番ならありますのでこの辺から色々と参考にしてみてくださいね。