ブロッコリーの保存や茹で時間を紹介、茹でた後の茹で汁、レンジ、生食や保存期間

スポンサード リンク


ブロッコリーは栄養豊富な野菜で、いろんな食べ方がありますよね。ドレッシングをかけてサラダとして食べたり、シチューの具材にしたり、焼き野菜として食べるのも美味しいですよ。

そんなブロッコリーですが、スーパーに行くと一株で売っています。大家族ならまだしも、ブロッコリー一株を消費するのはなかなか大変なことです。基本的には余ることになるでしょう。

もし、すぐ使わないブロッコリーが出てきたら、どのようにして保存するには良いのでしょうか。

ということで今回はブロッコリーのゆで方や保存方法について紹介します

スポンサード リンク

ブロッコリーは生食も可能!

ブロッコリーは鮮度の落ちやすい野菜なので、出来る限り早く消費しましょう。
そうすることで栄養たっぷりのブロッコリーを食べることができます。

実を言うとブロッコリーは茹でなくても、生で食べることができます。
ブロッコリーの栄養をそのまんま食べたいならば、ぜひ生で食べてみてください。
(その際には水洗いをしましょう)

生以外の食べ方であれば茹でる方法があります。

ブロッコリーを茹でる!茹で時間など紹介

ブロッコリーの美味しい茹で方を紹介します。

1.水洗いをする

まず最初にブロッコリーを水洗いしましょう。

キャベツのように虫が入っている場合があります。
これは新鮮である証拠ですのである意味では良いブロッコリーと言えます。
生で食べる場合はしっかりと水で洗い虫を取り除いておきましょう。

2.切り分ける

次にブロッコリーを食べやすい大きさに切り分けます。

茎の部分は切り落としておきましょう。
固い食感ですが、皮を剥いて小分けに切り食べやすい大きさにしておくと良いです。

3.お湯を沸かして茹でる

続いて鍋に水を入れ沸騰させます。
沸騰したら塩ひとつまみ入れます。
沸騰したお湯に対してブロッコリーを入れていきます。

最初に硬い茎を入れます。数十秒経過したら、ブロッコリーの房の方を入れて行きます。
茹で時間は3分前後です。3分経過したらお湯切りをして熱を冷まします。

これでブロッコリーは茹で上がりました。
後はサラダにしたり他の料理に使いましょう

ブロッコリーを茹でたあとの、茹で汁は?

ブロッコリーを茹でた後に残る茹で汁ですが、活用していきましょう。
活用と言っても難しいことはなく、これで味噌汁などを作ればいいだけです。

茹で汁には旨み成分であるグルタミン酸などが含まれています。
なので実は、スープ料理にもってこいの液体なのです。

ということで味噌汁やコンソメスープや、ポトフなど作るといいですよ。

ブロッコリーを電子レンジで調理する方法

ちなみにブロッコリーは電子レンジで調理することもできます。
電子レンジだとお湯は要りませんし、なんといっても手軽です。
こちらもチャレンジしてみてください。

ブロッコリーを水洗いし切り分けたら、ボウルや器に入れます。

そして水を少しかけます。
ラップなどで軽くふたをし、500ワットで3分ほどチンします。
600wなら2分半ほど、1,000ワットなら1分半ほどチンします。

加熱時間に関してはご自身のお好みで調節してみてください。
固めがいいなら、短くすればいいでしょう。
チンし終わったら冷まして完成です。

中のお湯はビタミンが入っていますので、水など入れてさましてなるべく飲みましょう。

この方法なら蒸しブロッコリーのようになります。
青臭くて苦いと感じるでしょうが、これがブロッコリー本来の味でもあります。
ドレッシングをかけたり塩をふりかけて食べてみてください。

ブロッコリーの保存期間は?冷蔵保存の場合

ブロッコリーの保存期間は、およそ1週間ですなので早めに食べるようにしましょう。
生の使わないブロッコリーは、ジッパーに入れたりポリ袋に入れて冷蔵保存します。

茹でたブロッコリーは冷蔵保存できますがもって2日ほどです。
早めに食べるようにしましょう。
もしくは冷凍保存にチャレンジしてみてください

長持ちするブロッコリーの保存方法、冷凍保存について

ブロッコリーは冷凍保存が可能です。
基本的に茹でてから冷凍保存をしていきます。
生のままでは冷凍しないようにしましょう。

方法ですが、茹でたブロッコリーの熱を取りポリ袋やジッパーの袋に入れて冷凍します。
これだけです。

冷凍保存のブロッコリーの茹で時間は?

冷凍保存のコツですが、ブロッコリーを茹でるときに茹で時間を短くしてください。

茹で時間を半分ほどにすることで固ゆでにします。
本来3分茹でるところを、1分30秒のゆで時間にします。

こうすると解凍した時に歯ごたえのあるブロッコリーになります。
(本来のゆで時間で冷凍すると歯ごたえがなくなります)
解凍したブロッコリーは自然解凍で食べることができます。

お弁当に入れておかずにするのもオススメです。
凍ったままブロッコリーを入れお昼頃になると自然解凍で美味しく食べることができます。

スープにして食べるならそのまんまスープに入れても大丈夫です。
早く解凍して食べたいときはレンジで1分ほどチンするとすぐに解凍できますよ。