ハンガーの処分について紹介、壊れた場合、まだ使える場合は?

スポンサード リンク


洗濯物を干す時にお世話になるハンガー。たくさんあると便利なので、ついつい多く買ってしまいますよね。ハンガーはものによっては劣化しやすく、壊れたり使えなくなってしまうというケースもあります。

そんな時はハンガーを処分することになるでしょう。しかしハンガーを捨てるとなった時に、一体どうすればいいのかわからない方が多いと思います。

特にハンガーと言っても、針金でできたハンガーやプラスチックでできたハンガーもありますので、その素材によって処分の仕方は変わってくるんですよ。ですのでお手持ちのハンガーの素材を確認した上で、どう処分すればいいかを決めましょう。

ということで今回は【ハンガーの処分】についてご紹介します。

スポンサード リンク

ハンガーの処分について紹介

  • 壊れたハンガーの処分
  • 壊れていない、まだ使えるハンガーの処分

の二通りについて紹介します。もし壊れてしまった場合はゴミとして処分するのがいいですよ。

そして壊れてはいないが処分しないといけないハンガーであれば様々な方法があります

壊れたハンガーの処分

壊れたハンガーであればゴミとして処分しましょう。何のゴミになるかは、ご自身の自治体が配布するゴミ分類表などを参考にしましょう。

基本的には……

  • プラスチックのハンガーであれば燃えるゴミ
  • 木製のハンガーであれば燃えるゴミ
  • 針金のハンガーであれば不燃ゴミ(またはリサイクルゴミ)

となります。ほとんどの地区ではこのような分類の仕方で問題ないでしょう。

念のためにゴミの分類表などを確認しておきましょう。特に問題がなさそうであれば、そのまま袋に入れてゴミの日に出しましょうね。

ちなみに全体的にプラスチック製・木製だけど、止め具やぶら下げる所に金具がある場合は、不燃ゴミ(燃やせないごみ)に出しましょう。

壊れていない、まだ使えるハンガーの処分

特に壊れているわけでもないハンガーの処分についてはいろいろな方法があります

クリーニング店に回収してもらう

まずクリーニング店の衣類を受け取った時についてきたハンガーは、お店に回収箱などがある可能性があります。

ですのでそのクリーニング店から受け取ったハンガーであれば、回収箱に入れましょう。ただし他のお店のハンガーは入れないようにしてください。
(ゴミの持ち込みみたいで嫌がりますからね)

家の前で配布する

他には、家の前で「ご自由にどうぞ」という感じでハンガーを箱などに入れて、配布するようにするのです。そうすれば通りかかった人が欲しいと思ったらそれを持って行ってくれますよ。

またオークションのサイトやフリーマーケットのサイトで出品してみるというのもいいでしょう。ハンガーは欲しがる人は結構いらっしゃるので、意外な値段で売れたりします。

フリマ・オークションなどに出品する

気軽に出品をするなら、メルカリというサイトやヤフーオークション、そしてジモティーというサイトがおすすめです。

写真などでハンガーの画像や状態を撮影して、値段を決めて、あとは待つだけです。
注文が入ったら、袋や段ボールなどにハンガーを梱包して、郵便局などに入って配送手続きをするだけですからね。

ハンガーの処分はゴミに捨てるだけではなく、このように欲しい人へ渡すという有効活用もできるのですよ。

このように、まだ使えるハンガーであれば他の方の役に立てる可能性が高いので、ゴミにせず、有効活用してもらう手段も考えてみるといいですよ。

まとめ

はいということで、ハンガーの処分についてまとめてみますと次のとおりです。

  • 壊れたハンガーなら処分する
  • 木製・プラスチック製のは燃えるゴミ
  • 針金のは不燃ゴミ
  • 木製・プラスチック製だけど、金具がついたのは不燃ゴミ
  • 壊れていないハンガーは、クリーニングに戻す、オークションに出すなどする

このようにしてハンガーの分類をして処分していきましょう。まだ使えそうであれば、捨てずにハンガーを再利用するのもいいでしょう。

そうすれば無駄な買い物をせず賢く生活を豊かにすることができるのですよ。