犬にバターって大丈夫?ピーナッツバターやバターロールは?

屋内で犬を飼っていると、「犬が人間の食事を食べてしまった」ということがたまにありますよね。チョコやネギなどを与えてはいけないというのは有名な話です。

では、その他の食べ物は大丈夫なのかと言うと、すぐに答えられない方が多いでしょう。
例えばバターを食べてしまった場合は大丈夫なのでしょうか。

またバターと似た商品でバターピーナッツと呼ばれるものがありますが、それは食べても大丈夫なのでしょうか。

今回は【犬とバター(バターピーナッツ)】についてご紹介します。もしワンちゃんがバターを食べてしまった場合は参考にしてみてくださいね。

犬にバターっていいの?害は?

基本的には犬に人間用のバターを食べさせるものではありません。

というのもバターは非常に脂質が多く、食塩もかなり含まれているため、犬にとってはかなり過激な食べ物だからです。膵臓(すいぞう)の悪いわんちゃんにバターを与えるのは止めておきましょう。

そうじゃなくとも、犬の食事においてバターを多用すると、脂質が多くなりすぎて肥満の原因になります。尿結石のリスクも高まるんですよ。バターは害と言えば害になるでしょう。

ただしこれが人間用のバターの話であって、犬用のバターとか無塩バターであれば、たまに多少食べさせるのは問題ありません。

犬によっては喜んで食べることもありますので、ごほうびやおやつとしてバターを使用したものを与えてもいいでしょう。

犬がバターを食べた!……中毒にならない?

犬にバターを与え続けると、病気のリスクが高まります。ですので日常的にバターを与えるのはやめておきましょう。

ちなみにですが、もし何らかの拍子に間違って食べた場合は、気にする必要はありません。
バターは何度も何度も食べさせ続けることが問題となりえます。

ということは1回や2回くらい犬がバターを食べた程度では大丈夫なのです。
中毒を起こすこともありませんし、犬もケロリとしていて、なんともない状態になっていますからね。

犬にピーナッツバターは?

バターではなくてピーナッツバターだとどうなの?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

基本的にはピーナッツバターも通常のバターと一緒と同じく考えましょう。
多少食べさせる分には問題ありませんが、たくさん食べさせ続けると肥満の原因になります。

もし食べさせるなら犬用のピーナッツバターなどを与えると良いでしょう。基本的にピーナッツバター食べて犬が中毒になることはありませんよ。

もちろんアレルギーの可能性もないわけではありません。ですが、少量与えてみて、犬が食べて問題ないかを確認してから与えていくようにすると、アレルギー発症した場合の危険性も小さいのでいいですよ。

犬にバターロールは?

「犬にバターロールを食べさせてもいいの?」という方もいらっしゃるかもしれません。
基本的にはバターロールをあまり食べさせない方がいいです。食べても特に問題はありません。

ですが市販のバターロールにはマーガリンと呼ばれる、あまりよろしくない油が使用されています。

なのでマーガリンを含むバターロールを食べさせるのはやめたほうがいいでしょう。
食べさせるなら、マーガリン不使用の手作りバターロールを少しずつ与えていきましょうね。

まとめ

はい、ということで犬とバター(バターピーナッツ)についてまとめますと次の通りです。

  • 人間用バターはあまり食べさせないほうが良い
  • 食べさせ続けると、肥満や尿結石の原因になる。たまに食べるくらいなら問題ない。
  • ピーナッツバター、バターロールも同様。食べて問題ないが、たくさん食べさせるのは良くない

犬は食欲に素直なので、何でも食べたがってしまいますからね。人間とは違って、食欲を抑えるのをあまりできません。

なので私たち人間が食事の管理をしていかなければなりませんね。ワンちゃんの健康を守っていってくださいね。