マグフォーマーとピタゴラス、どっちがおすすめ?比較してみよう

お子さんの知育玩具として人気のマグフォーマー。
世界的に人気のおもちゃであり、日本でもお子さんの発育を願う親御さんから大人気のおもちゃですよね。

さてマグフォーマーですが、似たような商品に『ピタゴラス』というおもちゃがあります。
このピタゴラスというおもちゃはマグフォーマーよりも安価で、似たような機能を持つおもちゃですね。

どちらともカラフルなパーツを組み合わせて、様々な形を作れるおもちゃです。

どちらのおもちゃも遊びながら様々なひらめきを見出したり、算数などの基礎知識を学べるという優れものなのですが、一体どちらを購入するのが良いのでしょうか。これは双方の商品の特徴や購入者の意見を見ながら決めるといいですよ。

今回は【マグフォーマーとピタゴラス】について紹介します。

マグフォーマーとピタゴラスを価格で見てみる

マグフォーマーとピタゴラスの双方を価格で見てみましょう。

  • ピタゴラスの価格はおよそ9,000円となります。
  • マグフォーマーの価格はおよそ20,000円となります。

ピタゴラスはマグフォーマーの約半分の値段です。お財布的にはピタゴラスの方がお買い得ですね。

ピタゴラスなら9,000円台でお得

ピタゴラスの9,000円というのはフルセットの価格になります。

フルセット以外にも、小学生の学年別で遊べるピタゴラスが販売されています。
『小学校1,2年』とか『小学校高学年』というように、学年の知的学習レベルに合わせて様々な商品が追加されているんですよ。別売りで購入できます。

マグフォーマーなら20,000円で長く遊べる

一方、マグフォーマーの価格はおよそ20,000円です。ピタゴラスの約2倍ですね。

高いと感じるかもしれませんが、お値段に相応しいおもちゃとなっています。
2歳から遊ぶことができますし、小学校高学年、そして大人であっても遊ぶことができるんですよ。

「たかがおもちゃ」と侮るなかれ、物の構造を遊びながら理解するという点において、マグフォーマーはとても素晴らしいものなのです。

こういったおもちゃから、将来的にエンジニアなどの分野に興味を深めていくこともありえますからね。マグフォーマーなら早い時期から算数や物理学の体験を、2万円のおもちゃで育めるというものです。

ピタゴラスとマグフォーマーのセット内容で比べてみる

次にピタゴラスとマグフォーマーのセット内容を見てみます。
セット内容といいましても、パーツの種類くらいですけどね。

  • ピタゴラス…… 11種類+くるまパーツ
  • マグフォーマー……13種類

このようになっています。
パーツの他にも遊び方ガイドというものが付属しています。
ガイドにはパーツの組み合わせなどが載っていますので、最初はそれを元に遊ぶといいでしょう。

また、パーツ自体にも違いがあります。

ピタゴラスのパーツは1枚の紙のような、面状のパーツです。

マグフォーマーのパーツはカラフルなスケルトンで線でかたどったような、線形のパーツです。要は穴で中央部分をくり抜いている感じですね。

ピタゴラスとマグフォーマーの購入者の意見を見てみる

続いて、ピタゴラスとマグフォーマーの購入を迷った方のご意見などを紹介してみます。
実際にマグフォーマーとピタゴラスを比べた方の意見を見れば、それぞれどういったご感想を持ったのかが分かりやすいと思います。

ピタゴラスは磁石の力が弱い

こちらの方はピタゴラスを購入した方です。
マグフォーマーと迷った末にピタゴラスを購入したそうですね。

購入してみたところ、ピタゴラスは磁石の力が弱いため、大きい立体物を作るとその磁石の弱さゆえに、構造物の形を維持できないというのです。
要は、磁石の力ならマグフォーマーの方がしっかりしているため、大規模な物を作ったりする際にはマグフォーマーの方がいい、ということですね。

一方で、ピタゴラスは小さめのものを作るには十分と言えるでしょう。

ピタゴラスはプレートが少ない

こちらの方はピタゴラスを購入した方です。
3歳になるお子さんが楽しく遊んでいるようですが、思った以上にプレートが少なく、もっとプレートがあればなぁ……と感じていらっしゃるようですね。

したがってマグフォーマーの方も追加で購入する予定だそうです。マグフォーマーとピタゴラスの二種類買い、といった感じですね。

マグフォーマーは磁石がしっかりしているため、子供がぐずらない!

こちらの方はピタゴラスの他に、マグフォーマーを追加で購入した方です。
実際に使ってみたところ、マグフォーマーはピタゴラスよりも磁石の力がしっかりしている、と言う印象を持ったようですね。

この磁石の力というのは非常に重要です。
というのも、せっかく作ったお子さんの形が崩れてしまうと、お子さんが機嫌を損ねてしまってぐずる、ということがあるためです。

楽しく遊ぶことが大事なのに、楽しく遊べないというのは致命的ですよね。
そういう意味でマグフォーマーの方が磁石の力が強いため、購入して良かったと感じていらっしゃるんですよ。

マグフォーマーのパーツの数は多くないが、満足

こちらの方はマグフォーマーとピタゴラスで迷ったそうです。
ですが、結果的にマグフォーマーの購入してよかったと感じていらっしゃいますね。
パーツの形に関してはピタゴラスの方が豊富なため、マグフォーマーの作れる形のバリエーションはピタゴラスに比べれば多くはないようです。

しかし、パーツの形が多くないゆえの工夫・ひらめき・発想力も見逃せません。
頭を使って様々な工夫を凝らせるので、そういう意味ではマグフォーマーも良い商品なんですよ。